【写真ルポ】海の向こうは北朝鮮 ――砲撃された韓国延坪島で 
内部告発者の「誇り」と「悔い」 「事件後」の日々を追って
日本の「人質司法」をどうするか――長期勾留や自白偏重に国際社会の批判

全国・海外ニュース

選挙と政治とその報道——外国人記者が見た不思議

ライフ・トピックス

企画・特集

音楽フェスの隆盛と飽和状態―― 「デパ地下」目線にアーティストは
【写真ルポ】海の向こうは北朝鮮 ――砲撃された韓国延坪島で

ベレッタシューティングベスト 射撃用ベスト
新型DT11ベスト
肩当て部分は滑りにくいスウェード調の生地になっております。オールシーズンに着用できます。フロント左右に2段式ポケット、背面にゼッケンクリップ、タオルフック、空薬莢を入れるポケットがございます。

色:Black & Gray

実寸(単位:センチ)
S:着丈:約79、胸囲:約96、胴囲:約93
M:着丈:約81、胸囲:約102、胴囲:約100
L:着丈:約82、胸囲:約108、胴囲:約104
XL:着丈:約84、胸囲:約114、胴囲:約110



ファブリカ・ダルミ・ピエトロ・ベレッタ(伊: Fabbrica d'Armi Pietro Beretta、ピエトロベレッタ火器工業)は、イタリアの大手銃器メーカー。本社はイタリア北部ブレシア郊外のガルドーネ・ヴァル・トロンピアにある。家業歴200年以上の企業のみ加盟を許される老舗企業の国際組織、エノキアン協会の加盟企業である。 

ベレッタ社の設立は公式な記録では1680年であるが、それ以前からベレッタ家は銃器の製造を行っていた。最も古いものでは1526年にヴェネツィアがマエストロ・バルトロメオ・ベレッタ(ここでの「マエストロ」は名前ではなく“親方”の意で敬称)に対しマスケット銃を注文したという記録が同社に保管されている。 

ピエトロ・ベレッタ(1791年 ? 1853年)はベレッタ社の中興の祖と言われ、ピエトロはベレッタ社の生産設備を近代化し軍用、民間用のマーケットで成功に導いた。 

第一次世界大戦中、ピストル不足に悩むイタリア軍からの発注でM1915を開発。これをきっかけにイタリア最大の拳銃メーカーとなる。 

1934年にはM1934がイタリア軍の制式拳銃として採用される。第二次世界大戦ではイタリア軍に武器を供給したがイタリア政府の降伏後、一時的にドイツに接収される。終戦後、残った部品を集めM1934の生産を再開した。 

1956年のメルボルンオリンピックのクレー射撃でベレッタ社の銃が初めて金メダルを獲得した。その後もオリンピックや世界選手権で数多くのメダルを勝ち取っている。 

1985年には、アメリカ陸軍がコルトM1911A1の後継拳銃に92FをM9として正式採用する。 

現在は拳銃、ライフル銃、短機関銃、散弾銃などの幅広い銃器類を生産している。これらは軍用・警察用・民間用・競技用として世界各国で使用されている。 

現在、フィンランドの小銃メーカー、SAKO社とその傘下のティッカ社を買収し、傘下に置いている。 

DT11 Microsuede Slide Vest - 黒